わが家で始めたウィルス対策

インフルエンザ、猛威を奮っていますね。

インフルエンザ対策には湿度を保つこと。
手洗いうがいなどと言われますが、
わが家で始めたウィルス対策をご紹介します。

今シーズンは、張り切って予防接種をうけていたのに
お正月に子どもたちが帰省先でインフルエンザA型を発症しました。
しかも初詣で健康祈願に獅子に頭をガブッてやった直後(笑)

2人の症状はやや違って、
4歳の娘は高熱。8歳の息子は8度弱。

病院で、「2日前人混みに行った?」と聞かれ、
真っ先に浮かんだのが、とあるショッピングセンター内のおもちゃ屋さん。

行きたいという声に負け、少しだけだよと言って連れていきました。
が、4歳の娘がおもちゃで遊びだし、
案の定、なかなか帰れない状況に…
8歳の兄はおもちゃ屋さんの後にたまたまトイレに行っていました。

そんな経緯を考えていたら、
トイレで手を洗ったという行動が症状の違いに影響したのか?という、
信憑性のない仮説が浮かび、あることをすることにしました。

それは、人混みの施設に行った際は、
施設を出る前にトイレに行き、
手洗いうがいをしてから帰るという
基本中の基本をより早くという作戦。

よく考えればわかりそうなことだけど、
意識しないとできない気がしてます。
家に帰って手洗いするよりはリスク減るんじゃないかな?

インフルBはやって来ませんように!

関連記事

  1. 感覚の違いを楽しもう

  2. 立春がきたら意識していること

  3. 規則正しい生活を自分で続けるのは難しい〜小学1年生の夏休みを…

  4. 冬至といえば、ゆず湯とかぼちゃ!

  5. みんなで作り上げる空間

  6. 幼稚園ママ再び